<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。

<< イヌとネコの科学 | main | ロシア料理は美味しい  >>

大間の陸マグロ

No.202


 青森県の大間町は、マグロの町としてすっかり有名になりました。北里大学獣医学部のある十和田市は、同じ青森県内ではあるものの少々遠く、車で2時間以上かかります。


 下北半島の先端に位置する大間町は、本州最北端の地でもあります。三方を豊かな海に囲まれ、マグロ以外にもイカ、ウニ、アワビなどの海産物に恵まれています。下の写真は、本州最北端の碑とマグロのオブジェです。


 この大間町では、マグロに続く特産品として「 大間牛 」の生産にも力を入れています。 最近では、この大間牛を「 陸( おか )マグロ 」と名付け、ブランド化を目指しています。 下の写真は大間町の放牧地ですが、 牛と海が見える景色はなかなか魅力的です。


 現在の大間牛の枝肉は、「A4」評価が中心となっているものの、最高評価の「A5」を受けたこともあります。血統のよい牛の導入や飼育方法の改良により、大間牛の肉質は年々向上しています。大間牛の品種は、国内で飼育されている和牛の90%以上を占める「黒毛和種」です。下の写真は、八甲田湯ノ台高原で放牧されている黒毛和種です。


 大間町を訪れると、いたるところでマグロの文字や絵が目に飛び込んできます(下写真)。現時点では、間違いなく大間の看板的存在となっています。


 しかし、「陸(おか)マグロ」がもう一枚の看板になる日が来るかもしれません。「海」と「陸」の組み合わせはインパクトがあります。すでに、「大間町 食のツアー」のような企画も行われています。



この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
208:「海の幸」と「陸の幸」のコラボ(2016/03/10)
200:牛肉の部位がわかるパズル(2015/11/10)
196:霜降りか赤身か(2015/09/10)
190:肉焼き総研(2015/06/10)
189:熟成肉は美味しくて体に良い(2015/05/25)
171:鼻焼肉(2014/08/25)
146:お肉検定(2013/08/10)
139:黒マグロの解体フィギュア(2013/04/25)
78:もも肉でもロース(2010/10/12)
74:口蹄疫と和牛肉(2010/08/10)
食品のトピックス | 11:00 | 2015.12.10 Thursday |