<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。

<< TPPと牛肉・豚肉 | main | 「海の幸」と「陸の幸」のコラボ >>

味噌汁にも乳酸菌

No.207


 下の写真は、スーパーの店頭に盛大に配架されている「シールド乳酸菌M-1 みそ汁」という製品です。先日(2016/2/1)、永谷園から発売されたものです。


 パッケージには、「シールド乳酸菌M-1 100億個」と書かれています。 これまでに乳酸菌を入れた食品は数多く登場していますが、味噌汁はちょっと意外な感じがしました。 ただ、味噌の製造に乳酸菌は関与しているので、まったく無縁の存在ではありません。


 パッケージ裏面の「原材料名」を見ると、「ヨーグルトパウダー(殺菌)」と「殺菌乳酸菌」があります。これらが、この製品の乳酸菌供給源なのでしょう。


 製品名にも入っている「シールド乳酸菌」とは、どんな乳酸菌なのでしょうか。パッケージ裏面の説明には、「人が本来持っている健康力をサポートする乳酸菌」と書かれています。薬事法との関連で、これ以上の具体的な表現は難しいのだと思います。


 上の説明の中に、小さな字で「森永乳業の登録商標」とあります。森永乳業のホームページには、「シールド乳酸菌M-1のひみつ」が載っています。このサイトの説明によると、「盾(シールド)のように外部から敵を防御することをイメージ」して名付けたとのことです。マウスを用いた実験では、シールド乳酸菌の摂取により、インフルエンザ感染による症状緩和が示されています。


 森永乳業が見つけたヒト由来のLactobacillus paracaseiという免疫力を高める乳酸菌を、加熱殺菌処理した製品が「シールド乳酸菌M-1」です。「加熱殺菌」された乳酸菌なので、摂取しても腸内で増殖することはありません。しかし、それでも効果を期待できるのは、以前、「死んでも働く乳酸菌」で解説したとおりです。すでに「シールド乳酸菌M-1」は、いくつかの製品に利用されています。たとえば、おもちゃメーカーのバンダイとのコラボレーション商品として、「ミラクルロマンス ムーンクリスタル グミ」が発売されています(2015/1/27)。


 死菌でも効果のある乳酸菌は、加工や加熱処理をしても利用できるので、その用途は広いと考えられます。加熱処理工程を経ないで作ることが難しいペットフードにも、好適な機能性素材と言えそうです。

この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
225:たべるマスク(2016/11/29)
187:プリン体と戦う(2015/04/27)
167:死んでも働く乳酸菌(2014/06/25)
155:ペットフードと乳酸菌(2013/12/25)
135:ビスコと乳酸菌(2013/02/25)
94:ビフィズス菌はデリケート(2011/06/11)
食品のトピックス | 11:04 | 2016.02.25 Thursday |