<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。

<< キャビアの話 | main | BRIOの「Cow & Wagon」 >>

肉トランプ

No.227


 今回紹介するのは、ずばり「肉トランプ」です(下写真)。以前紹介した「えれめんトランプ」よりも、ずっと親しみやすいものだと思います。


 先日、研究室でクリスマスパーティーを行いました。そのとき、肉好きの大学院生(下写真)がプレゼント交換のために見つけてきました。あいにく私の手許には来ませんでしたが、早速、アマゾンに注文しました。


 肉トランプと言っても、普通のトランプの機能は備えています。下のカードはローストビーフの写真だけが目立ちますが、実は「ハートの10」です。


 黒のカード(スペードとクラブ)は、「鶏モモ」、「豚ヒレ」、「牛ロース」といったお肉の部位が載っています。赤のカード(ハートとダイヤ)は、「ポークジンジャー」、「ビーフストロガノフ」、「ジャークチキン」といった肉料理が続きます。2枚のジョーカーは、肉料理ではなく、「デビルズ・タン・ステーキ」と「コーヤ・ド・ハンバーグ」です(下写真)。


 このトランプで、普通の遊びをするのは勿体無いです。肉トランプならではの遊び方として紹介されているのが、「部位さがし(神経衰弱)」、「お肉争奪戦(ぶたのしっぽ)」、「肉抜き(ババ抜き)」、「ザ・肉食系大富豪」の4つです。いずれも盛り上がりそうです。


 それぞれのカードに書かれている情報は割としっかりとしたものなので、遊びながらお肉の知識が増えていきます。この年末年始、肉トランプで楽しまれてはいかがでしょうか。では、どうぞよい新年をお迎えください。



この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
242:「お肉博士」を目指そう!(2017/08/10)
241:スタディホリック「化学」(2017/07/25)
215:「えれめんトランプ」で元素制覇!(2016/06/27)
200:牛肉の部位がわかるパズル(2015/11/10)
196:霜降りか赤身か(2015/09/10)
190:肉焼き総研(2015/06/10)
146:お肉検定(2013/08/10)
139:黒マグロの解体フィギュア(2013/04/25)
134:動物の立体パズル(2013/02/13)
127:ナノブロックで作る動物(2012/10/25)
食品のトピックス | 13:31 | 2016.12.26 Monday |