<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。

<< お肉の情報館 | main | 森永乳業の百年 >>

塩・糖・脂

No.258


 森永乳業が、「トリプルアタックヨーグルト」という製品を発売しました(2018/3/20)。「日本全国塩糖脂」篇というTVCMを3月末から関東甲信越で放映しているので、ご覧になった方もいるかと思います。私はユーチューブで見ましたが、今日(4/10)からは全国放映とのことです。


 「トリプルアタック」という製品名よりも、「塩糖脂の食事が多い現代人に」という製品コンセプトの方が、インパクトの強い製品かと思います。TVCMでも「塩・脂・糖」問題を強調していますが、これは説明するまでもなく「塩分、糖分、脂肪分」のことで、製品はこれら3つを同時にケアするとのことです。


 ドリンクヨーグルトの方はすでに全国販売が始まっており、私の住む青森県十和田市にあるスーパーやコンビニでも先週から目にしています。ヨーグルトの方は、4月10日に全国発売とのことですので、そろそろ手に入れることができるかと思います。


 森永乳業の作ったWEB動画「トリプル予備校」を見ると、「塩・糖・脂」や「トリプルアタック」の意味がよくわかります。「塩・糖・脂」は「世の中のおいしいものを構成している三つの要素。」と説明され、最後に「塩・糖・脂の多い現代人に、トリプルアタックヨーグルト。」とまとめられています。


 森永乳業によると、中高年(35〜69歳)の72.9%の人が「塩・糖・脂」を気にしているそうですので、このヨーグルトのターゲットはかなり広範と言えるでしょう。具体的な工夫として、糖質40%オフと脂肪ゼロとなっています。ただ、「塩」については、「ヨーグルトは一般的に低塩食塩です。」との説明なので、ちょっとずるい感じもします。また、いわゆる機能性成分として、ペプチド(MKP)、難消化性デキストリン、ミルクオリゴ糖も使われています。

 森永乳業のブランドサイトには、「あなたの塩糖脂は?トリプルチェッカー」もあります。一度調べてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
259:森永乳業の百年(2018/04/25)
253:輸出されるヨーグルト(2018/01/25)
140:日本で最初のヨーグルト(2013/05/10)
129:ちょっと贅沢なヨーグルト(2012/11/27)
123:水切りヨーグルトとギリシャヨーグルト(2012/08/27)
79:世界一高いヨーグルト(2010/10/25)
66:オルニチンと大人のヨーグルト(2010/04/12)
43:幻のカレーヨーグルト(2009/04/27)
食品のトピックス | 12:04 | 2018.04.10 Tuesday |