<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。

<< モーっと!牛乳を飲もう! | main | 生鮮食品でも機能性食品 >>

名誉教授の愛したレシピ

No.281


 今回紹介するのは、「名誉教授の愛したレシピ」という製品です。製品名から推測するのは難しいですが、ペットフード(犬用おやつ)です。


 この製品名を見て、「博士の愛した数式」という映画のタイトルを思い出された方も多いことでしょう。ただ、ネーミングの経緯について私は知りませんので、まったく関係ないのかもしれません。


 「名誉教授」というのは、北里大学獣医学部で教授をされていた樋口誠一先生のことです。樋口先生は5年前(2014/3)に定年退職され、現在は青森県八戸市にある「健康動物病院」の院長として活躍されています。


 さて、「名誉教授が愛したレシピ」という製品ですが、樋口先生のブログには、「ダイエットが必要で、食事制限するとワンちゃんはとてもフードを欲しがります。そこでカロリーの高いおやつを与えていると体重は減りません。奇跡のりんごの木村さんと作りました。ワンちゃんのダイエット用おやつです。これでワンちゃん達の空腹からくるストレスを軽減してください。」とあります。クラッカーのような食感の製品で、私も少し食べてみましたが、非常にプレーンな風味でした。


 樋口先生は漢方薬に詳しく、この製品にも3種の漢方素材(桂皮、ウコン、ヤマイモ)が使われています。桂皮(シナモン、下写真)は「血流改善でワンちゃんの冷え、運動不足に」、ウコンは「肝臓の健康維持に役立つクルクミンを含有」、ヤマイモは「おなかにやさしくビタミン豊富」ということで、老犬、運動不足、冷え性のワンちゃんにお勧めする製品だそうです。


 5年ほど前(2013/12)に、私は『ペットフード・ペット用医薬品の最新動向』という書籍を監修しましたが、そのときに樋口先生には、「ペットフードへの漢方素材の利用」という章を執筆していただきました。


 今回紹介した製品、犬用の機能性おやつとして、なかなか魅力的なものだと思います。ただ、少々お値段が高く、5グラム7袋入りで¥2,160円(税込)です。ネット通販で入手できますので、関心のある方はお試しください。



この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
283:ペットエキスポ in 中国(2019/04/25)
209:イヌとネコの超入門書(2016/03/25)
201:イヌとネコの科学(2015/11/25)
154:ペットフードの書籍を監修(2013/12/10)
152:ペットフードの歴史(2013/11/11)
81:犬は最良のパートナー?(2010/11/26)
21:産学官連携でペットフード開発(2008/05/26)
7:ペットフードの安全性確保を巡る情勢(2007/10/26)
ペットフードのトピックス | 11:13 | 2019.03.25 Monday |