<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。

<< 乳児用液体ミルク | main | 世界のWAGYU >>

金農パン

No.287


 秋田県立金足農業高等学校(金農)と言えば、昨年(2018)、秋田大会から夏の甲子園準決勝まで10試合連続完投勝利をあげた吉田輝星投手が思い浮かびます。彼は日本ハムファイターズに入団し、先日(2019/6/12)、プロ初勝利をあげたのも記憶に新しい出来事です。


 この金農とコンビニ大手のローソンは、パンの共同開発を長く手掛けてきました。「金農パン」は、すでに今年で8年目になります。


 今年の第1弾として、5月28日に「金農パンケーキ」と「金農塩レモンクロワッサン」が発売されました。秋田県内のローソンで販売を開始し、6月4日からは東北全域で販売されるようになり、私たちも目にするようになりました。


 それぞれの製品は、金農の学科の生徒さんたちが企画したもので、上記の第1弾は「生活科学科」と「生物資源科・生活科学科」の皆さんのアイデアだそうです。


 今年は、Vol.1〜6までの計8点の金農パンが、10月にかけて順次販売開始されるそうです。環境土木科や造園緑地科といったパンとは縁が薄そうな学科も、このプロジェクトにかかわっているのが面白いところです。


 ローソンでは、金農パンの販売数に応じて「ローソン緑の募金」に寄付するとのことです。ローソングループでは、地球に生きるすべての生き物にとってかけがえのない財産である森林を将来に残すため、1992年からこの募金活動を行っています。



この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
291:太宰治生誕110年記念パン(2019/09/10)
246:ペットフードのコラボ商品(2017/10/10)
222:北里大学のコラボ食品(2016/10/11)
132:世界にパンを、「救缶鳥」プロジェクト(2013/01/10)
87:十和田名物「スタミナ源たれ」とコラボ食品(2011/02/25)
食品のトピックス | 14:41 | 2019.06.25 Tuesday |