<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

トピックス

北里大学獣医学部教授・有原圭三(株式会社フード・ペプタイド代表取締役)が、食品を中心とした情報を発信します。


羊名人(ようメ〜じん)

No.301


 現在、日本は「第3次羊肉ブーム」だそうです。日本で消費される羊肉は、主にオーストラリアとニュージーランドから輸入されていますが、輸入量は順調に増えています。また、羊肉料理を提供するレストランも急増しています。十和田市のような地方都市のレストラン(下写真)でも、固定客を掴んでいるようです。


 先日手にした『料理王国』3月号(2020/2/6)は、「これからの、羊肉の教科書」を特集としています。表紙にも書かれていますが、「なぜ、羊肉が第4の肉と囁かれているのか?」という疑問に、70頁近い特集が答えています。


 この特集の中で紹介されていたのが、「羊名人(ようメ〜じん)」という羊肉用特製スパイスです。このような製品が登場するのですから、第3次羊肉ブームは本物かもしれません。パッケージ裏面には、「唐辛子の辛味にエスニックな香りのクミンを加え、羊肉の風味を引き立てる岩塩で仕上げました。」とあります。


 見た目(下写真左)は、白ゴマの入った七味唐辛子といった感じですが、風味はもっとエスニックな感じのものです。原材料の表示(写真右)を見ても、七味唐辛子とはだいぶ異なります。


 この羊名人という製品、昨年(2019年)からは店舗やネット通販でも入手できるようになりましたが、発売当初は「羊齧協会(ひつじかじり協会)」が主催する「羊フェスタ」だけで販売していました。なお、羊齧協会は、羊肉を文化として広める消費者団体です。


 昨年(2019/11/2〜3)、6回目を迎えた羊フェスタは知名度が高まり、当初数百人程度だった来場者が数万人レベルまで増えたそうです。今年(2020年)も、11月7〜8日に東京・中野セントラルパークで開催されます。この日本で唯一の羊肉に特化したフードイベントでは、各国の多彩な羊料理を楽しむことができます。羊に関する講演会などもあり、羊肉文化に多角的に接することができます。



この記事に関連する記事はこちらです。ぜひお読み下さい。
263:羊肉の魅力(2018/06/25)
182:メリーさんの羊乳(2015/02/10)
151:モンゴルの「赤い食べ物」(2013/10/25)
107:羊の本(2011/12/26)
食品のトピックス | 11:10 | 2020.03.10 Tuesday |